動脈硬直症の原因は動脈の年齢と言われています

血管は、全身に血を運ぶという非常に重要なベネフィットをしています。但し、その重要な内臓も加齢に伴って衰えを経験します。こういう衰えによって、しなやかだった血管はゆっくり硬くなり、血管の内輪にコレステロールなどが付着していきます。結果として、血管が細くなり、血の流れが悪くなったり、最悪の場合は完全に詰まってしまったりする危険があります。そういった動脈の年齢が、動脈硬直の原因であると言われているのです。一般に、動脈硬直は老化現象の一つと考えられています。但し実際にはさらに若い時から始まります。十代の時から既にはじまり、年齢を重ねるにつれだんだん進行します。三十代からその進行はともかく早くなり、人によっては四十代で事態が現れて来る。誰もが退化に伴う衰えを経験する結果、仕方がないというあきらめて仕舞うほうがいらっしゃる。ただし、日頃のごはんや行為を含むルーティンの改革を企てることによって、動脈の衰えを遅らせ、動脈硬直を予防することは可能です。是非ともルーティンを付け足し、改革に励みたいものです。